*

MEDICAL 診療案内

*

口腔外科

*

*
経験豊富な医師による
安心・安全な治療
親知らず、顎関節症、事故などでの歯の破損・口内の損傷、口腔粘膜疾患(口内炎)など
虫歯や歯周病とは異なる症状・疾患に対する外科的治療を口腔外科と言います。
当院には口腔外科の知識や技術に長けている経験豊富な歯科医師が勤務しておりますので、
特にレベルの高い口腔外科治療をご提供できます。

口腔外科で治療する主な症状

埋伏歯(親知らず)
埋まっている親知らずや、親知らずに押されて斜めに生えてしまった歯が痛む。
または、周囲の歯肉が腫れて痛む。
顎関節症
口が大きく開かない。
あごを動かすと痛みを感じたり、関節からカクカクと音がする。
口腔粘膜疾患(口内炎)
口の中の粘膜がただれて赤い。
口の中に触れると小さな潰瘍(組織欠損)があり、痛む。
良性腫瘍
お口の粘膜や歯茎、もしくはあごの骨などに腫瘍(できもの)ができてしまっている。
外傷
転倒などでお口の中を傷つけてしまった、歯が抜けてしまった、もしくは歯がグラグラする。
舌痛症
焼けるような痛みを舌に感じる。
しびれる、ピリピリする、などの違和感がある。

こちらの症状以外でも
様々なお口の疾患に対応しております

親知らず

*

親知らずに関してのお悩みはありませんか?
現代の日本人はあごが小さいため、親知らずが生えるべき正しい位置にスペースが確保されず、前方に傾いたり横向きに生えたり、歯の一部のみしか顔を出さなかったりなど、うまく生えてこないことがあります。
また、親知らずは歯肉や骨の中に埋まったまま萌出しない(=埋伏歯(まいふくし))場合もあり、それが手前の歯を圧迫して歯並びを乱すなど、隣接する歯に悪影響を与えることもあります。それだけでなく、細菌が埋伏歯と歯肉の隙間から侵入して化膿してしまうことも…。

*

親知らずは生えたら絶対に抜くもの?
親知らず全てに対して抜歯が必要ということはありません。まっすぐ正常に生え、咬み合わせに影響を及ぼさない場合はすぐに抜く必要はありません。
しかし、例えまっすぐに痛みがなく生えたとしても、前述したように位置や向きによっては手前の歯を圧迫し、歯並びを乱すこともあります。それが進行してしまうと、かなり激しい痛み、腫れが生じてしまい、急激に悪化すると口が開けられない、飲み込む時に痛むなど、日常生活に支障が出ることもあります。親知らずに関して少しでも気になることがあれば、悪化する前に早めに相談することをおすすめします。

顎関節症

思い当たることはありませんか?顎関節症チェック
  • 物を噛むと、耳の付け根・こめかみが痛む。
  • 突然、口が開かなくなった。
  • 大きく口を開けても、縦に指が3本入らない。
  • 口を開け閉めすると「ガクン」と音がする。
  • 会話や食事をするとあごがだるくなる。

上記の症状に当てはまる方は、
顎関節症の疑いがあります!

頬杖も原因の一つ

顎関節症になる原因とは
生活習慣、ストレス、癖、姿勢、噛み合わせなど様々な原因からあごに必要以上の負担がかかっていることがあります。歯並びや噛み合わせが悪い、よく頬杖をついてしまう、食いしばり・歯ぎしりの癖がある、一日中ガムを噛んでいる…などの要因があり、それらが複数に重なることで顎関節症が引き起こされることもあると考えられています。
日常生活のこんなところで
あごに大きな負担が
  • 長時間集中してパソコン作業をしている時
  • 長時間夢中でゲームをしている時
  • ストレスが多くイライラしている時
  • 千切りなど、調理に集中している時
  • 下を向いてスマートフォンを操作している時

奥歯を食いしばらず、
あごをリラックスさせましょう!

口内炎やお口の中のできもの

なかなか治らないできものがあれば、早めに受診をしましょう!
お口の中のできものは、一般的には口内炎がほとんどです。しかし、痛みもなくどんどんできものが大きくなってくる場合は口腔ガンや良性腫瘍の可能性も高いです。そのような時は早めに歯科医院で受診をしましょう。
口内炎
入れ歯が合わなかったり、歯の被せ物・詰め物が尖っていたりすることでお口の中でこすれて、傷ができるなどの慢性的な刺激が原因で黄色や灰白色の平たい膜で覆われた潰瘍(かいよう)ができます。潰瘍には痛みをあまり感じません。そしてそれにより起こる口内炎を潰瘍性口内炎と言います。
歯科医院にて入れ歯の修理や尖った歯を丸めるなど、原因を解決することで1〜2週間ぐらいで治ります。
口腔ガン
口腔ガンとは、お口の中にできる悪性腫瘍のことを言います。
肺ガン、胃ガンとは違い、ほとんどの場合目で直接見ることができます。
しかし、見た目が口内炎や潰瘍と似ており、痛みも比較的少ないので、口腔ガンだとなかなか気付かないことも多いです。
2週間以上口内炎が治らない、などの状態の方は注意が必要です。歯科医院にて診察を受けるようにしましょう。
*
ページの先頭へ戻る